令和4年度 福岡市文学館企画展「まなざしと記憶―宇野浩二の文学風景」

開催日時 令和5年1月13日(金)~2月26日(日)
施設 福岡市総合図書館
開催場所 1階ギャラリー(福岡市文学館)
ファイル 福岡市文学館まなざしと記憶展チラシ

 「文学の鬼」と呼ばれた作家・宇野浩二が、大正時代、まだ稀少だったカメラを持ち歩き、大量の写真を残していたことをご存知でしょうか。当館「宇野浩二文庫」には、アルバムに収録された写真も入れると一千枚を超える写真群が存在します。この度、コレクションの再調査を行い、その中に大正期に宇野自身が撮影した写真が大量に含まれていることを確認しました。
 宇野は、その文学的回想録『文学の三十年』や評伝『芥川龍之介』の中で自身の撮影した写真を何度も紹介していますが、没後、これまでこうした写真群が紹介される機会はありませんでした。
 宇野浩二にとって、またその文学にとって、この膨大な写真群は、どのような意味を持つものだったのでしょうか。
 本展は、「まなざしと記憶―宇野浩二の文学風景」と題し、作家の写真とテキストの関係性を初めてご紹介する展覧会です。彼の文学の風景を辿り、彼の人生に重要な意味をもたらした〈場〉と友情、そして旅――膨大な写真群を、作家が後半生に於いて何度も語り直したテキストを手がかりに紐解いていきます。
 百年の時を越えて、作家のまなざしと記憶が鮮やかに甦ります。
 どうぞ、ご高覧ください。

関連イベントについて
会期中イベントが予定されています。是非ご参加ください。
(新型コロナウィルス感染症等の状況によっては、中止・変更になる場合がございます。HP、Twitterなどをご覧になってお出かけください。)

展示
「写真展 西海旅日記」
会場 総合図書館1階ショーケース
会期 1月13日(金)~1月29日(日)
観覧料 無料
大正10年の夏、若き文士たちの旅の記憶を宇野浩二撮影の写真で辿ります。

解説
ギャラリートーク(学芸員による見どころ解説)
日時 1月15日(日)、2月19日(日)16:00~16:30
会場 総合図書館1階ギャラリー
定員 10名程度(先着順)

講演会(要申込)
企画展関連講座①「宇野浩二の「語り」の可能性」 
講師 山岸郁子氏(日本大学教授)
日程 1月21日(土)14:00~15:30(開場:13:30) 
締切 1月9日(月・祝)
会場 福岡市総合図書館第1会議室  
定員 40名(要事前申込・定員を超えた場合抽選)

企画展関連講座②「宇野浩二と大阪―人物・追憶・風景―」
講師 増田周子氏(関西大学教授)
日程 2月19日(日)14:00~15:30(開場:13:30) 
締切 2月10日(金)
会場 福岡市総合図書館第1会議室  
定員 40名(要事前申込・定員を超えた場合抽選)

[申込方法]
応募事項 (1)氏名 (2)郵便番号 (3)住所 (4)電話番号 をもれなく記入の上、Email、葉書、FAXのいずれかの方法で下記宛先までお申し込みください。定員を超えた場合は抽選を行い、当選者(受講決定者)のみご連絡します。

[申込・お問合せ先]
〒814-0001
福岡市早良区百道浜3丁目7-1福岡市総合図書館 文学・映像課福岡市文学館担当
TEL 092-852-0606 FAX092-852-0609
Eメール bungakukan@city.fukuoka.lg.jp

新型コロナウィルス感染防止に関する注意事項
館内では、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、対策を行っております。利用者のみなさまにおかれましては、ご協力をお願いいたします。
・マスクの着用にご協力をお願いします。
・入館の際には、手指の消毒や手洗いをお願いします。
・発熱や強いだるさ、息苦しさがある方、その他体調に不安のある方は入館をお控えください。
・ご鑑賞の際は、なるべく他の方との距離を保ってください。
・長時間の滞在はご遠慮ください。
・新型コロナウィルス感染症の影響により、内容の一部が変更となる場合があります。

ページの先頭へ戻る